2008年10月23日

効果的な反論2

450議論.jpg 

<効果的な反論 2>  議論には根拠が必要である。  根拠なしの議論は議論ではない。反論する場合には、相手の根拠を攻めれば主張そのものが崩れる。 根拠が主張と釣り合っているかをまず確認し、根拠を徹底的に攻める。  反論する場合 1.相手の根拠を疑ってみる方法 根拠となる事実は十分であるか? 根拠としているものをそれが根拠でないことを示す 2.発言者の考慮不足を指摘する方法 仮に・・・・・になったらどうなるのか? 3.過去にさかのぼり、過去にはこういう事があったと反論してみる。 4.相手の矛盾をついて反論してみる方法 相手の発言の矛盾している点で反論してみる
posted by 尚 at 13:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

効果的な反論1

450議論.jpg

<効果的な反論 1>自分の意見を主張をしたくなるのは、他人と異なる意見があるからである。人は自分の意見に賛成してくてる人に好意をいだきやすい。しかし意見や見解が違っているときは、いくら好意があっても相手の意見には従わないし、賛成しない。だからと言って「反対」「賛成」と主張をぶっけると相手との人間関係の摩擦が起きる可能性がある。 そのような場合には言い方をやわらかく「反対」の意思をつたえなければならない。そこで相手の意見に賛成しているような言い方だが本当はそうではないという言葉を使う。 「たしかに あなたの言うとおりだが、しかし別の見方もある」という言い方。つまり相手の言うことを受けておいて実際は反対している。という言う表現が大切になる。 相手の提案に対し、全部反対ではなく、一部分でも賛成できる場合においては、賛成できる部分を表現にくみいれる。 「たしかに、・・・・・部分に対してはあなたの言うとおりだが、しかし・・・・」「・・・・・点はあなたのいうとおりだが、しかし・・・・」という表現にする。 このように意見をつたえる場合には相手との人間関係の摩擦を生じさせないような表現でつたえるほうがよい。
posted by 尚 at 13:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

議論力を上げる会話テクニック

450議論.jpg 


議論力を上げる会話テクニック 議論において大切なのは、説得力です。議論は主張と根拠がなければならない。主張と根拠はお互いを支えあっている関係でなければならない。単に主張するだけでは、議論にならないし、相手を説得することも難しい。 議論主張 (何を主張したいのか?)この意見に反対だ。根拠 (主張を支える根拠)「なぜそうなのか?」の理由 なぜなら・・・・・・です。結論  最後に主張を話す このようなことで・・・・・と考える。 議論において大切なのは、説得力です。議論は主張と根拠がなければならない。主張と根拠はお互いを支えあっていなければならない。 根拠においては、誰もが納得する根拠によって説明をしていけば、論理性のある議論の話し方も身につく。根拠だと思っていても、十分に検証した結果、根拠がくずれてしまうケースが判明した場合など、主張そのものが、崩れてしまう可能性がある。根拠を話す場合の方法 1.しっかりした調査結果をもとに分析する市場データ等、データ分析、アンケートの調査結果などを集めて結論を導き出す。  2.実験等、実際の結論を試してみる
posted by 尚 at 13:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

議論の話し方テクニック

450議論.jpg 

議論とは論じ合うこと。意見をたたわかせること。ある事柄について異なる立場に分かれ意見をたたかわせること。自分が意見を言う場合には、自分の価値観において主張します。他人とまったく同じ価値観ではないはずです。他人と意見がことなるのは、今まで育った環境、性格などの違いで意見が異なるのは当然であるのです。人間は一人一人考えが違う生き物であると考えて、当然自分の意見には反対意見が出されるのもおかしくはないのです。 また、その時々の感情、都合、気分などによっても変わってくるものです。 議論とは、相手を言いくるめることではない。 議論は意見をたたかわせるとあるが、相手とけんかをする訳ではない。中には声が大きく、けんか腰になって我を通そうとする人もいるかもしれない。 議論はお互いの意見をたたかわせた結果、よりよい方向になることが大切である。 議論の機会を作つたり、会議や打ち合わせの経験を積み、たくさん経験すること。そしてたくさんの知識を自分でとりいれることを勉強していくうちに議論の力がついてくるわけである。 また、相手の立場に立ったときにどう自分だったら議論できるだろうか?と常に相手の立場にたち考えることも勉強である。 議論とは、お互いに違う意見をいいながらよりよい結論を見つけていくものである。相手に何を伝えたいのか?相手が何を訴えているのか?をまず聞く事、主張することによりより活発な議論になっていくのである。議論の場にあいていかに説得力のある話し方をしていくか。だと思います。他人と議論の場において負けた経験がある方もいるはずです。あなたが、議論でうまくいかなかった場合には、相手がいかに論理的な議論であったと認めるべきです。そして、次回、議論する場においては、もっと論理的に述べるようにしようと考えなければならない。議論においては、論理的に話しを身に付ければ相手にも対抗できるようになるはずです。
posted by 尚 at 13:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

議論は言い負かすのではなく相手を説得すること

450議論.jpg

議論は言い負かすのではなく相手を説得すること主張することは、根拠があり相手を説得することである。脅しや強行な態度で相手に説得しょうとしても議論にはならない。例えば「俺が話せば解決する」と言ったところで、何をどう相手に対し説得を試みるのかわからない。自分の脅しで相手をだまらせる。議論は、脅しや強行な態度でのぞむものではない。
posted by 尚 at 13:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分の常識で議論しない

450議論.jpg

自分の常識で議論をしない自分の常識は必ずしも相手の常識ではないこと。自分が当たり前だと思うことも、相手はそうでないことがある。主張して根拠をのべるときに自分の常識を根拠としたい場合にも理由を必要とする。常識を根拠としたいのなら、それを支える根拠を述べるしかない。主張と根拠にずれが生じているので支え合う事ができないのである。 自分の常識と相手の常識が必ずしも違うのならば根拠にはならないのである。
posted by 尚 at 13:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

議論は相手の感情をよめ

450議論.jpg

議論は相手の感情をよめ議論は、人と人との論じあいである。人間は、お互いに感情をもち、個人の価値観をもっている。相手と意見が違えば、対立が起こり、議論となる。どうしてもそこには感情が入ってしまう。こういう時こそ冷静になり感情をコントロールできるように心がけしよう。  議論をする場合には、お互いに利益をもたらすように結論を得ることをのぞんでいる。その反面、議論が白熱し、腹を立てたり、結論に対して不満に思うこともある。 その結果、相手に対し悪い印象をもち、友好関係を維持できなくなるケースもある。このような最悪のケースは改めて、再度、日程の調整をして時間をかけて次回につながるように話しをもっていくことだ。 結論を急ぐことも必要なことなのかも知れないが、それよりも相手との関係を深め、今後の議論も見据えて議論をすすめることも重要である。議論は焦ってはいけません。 ここで言いたいことは、このような最悪のケースにならないために自分の主張にこだわらずお互いに利益をもたらすように人間的要素をふまえて議論をすすめる努力をしていく事である。
posted by 尚 at 11:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月22日

説明の展開方法

450.jpg 

説明を展開するために、話す内容を整理する。整理されてない説明ほどわかりにくい説明になってしまう。基本的には、序論、本論、結論の流れをつくる。序論(前置き)で話しの導入的な役割をもち、聞き手を引きつけ、聞く態勢をつくる。本論(主題)では話しを具体的に展開する。主題に従い、具体的な内容を3つほど提示して話しを展開する。 結論では話しをまとめる。具体的には、序論のテーマと本論の話しを結びつけ結論を話す。
posted by 尚 at 16:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

聞き手を疲れさせない話し方

450.jpg 

内容が明確な話し方は、理解されやすく疲れない。話の内容を事前に整理してあると聞き手は疲れない。
1.話しの冒頭に、これから話しをすることの内容のポイントを述べる
・説明するテーマの背景や概要の情報を話す
 ・説明の展開の順番を話す
2.主語を意識して話し、接続語をしっかり入れて話す。
3.重要なポイントに絞り話す
4.データの活用自分の説明の意図が理解されるものを提示する
 
相手に合わせた説明方法 簡潔に、わかりやすく、しかも短時間であなたの説明を分かってもらう必要がある。 それには、相手によって説明の仕方を臨機応変に変えていく必要がある。 基本的な説明では、序論、本論、結論の組み立てである。  (結果を伴う説明の場合) 結論だけの報告する場合には、あえて序論を話さなくてもよい。この場合には結論から話し始め、本論へと結びつける。  (説得を伴う説明の場合)  商品提案など相手が納得しなければ、自分の説得は成功しない。その為にはの同意序論、本論、結論の基本的な組み立てで話しをする。  この説明の使いわけについては、状況や説明の内容で、おのずと組み立てが決まってくる。
posted by 尚 at 15:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

話の内容の構成方法

450.jpg 


結論を先に話す構成方法1.自分の提案や結果などを先に述べる事で、何を言いたいのかが明確になるので、聞き手には早く結論が伝わることによって安心する。その後に、なぜそのような結論であるか、根拠や結論に至った理由を述べていく。 2.結論を後に話す構成方法序論、本論、結論の順番となる。序論で話しをひきつけ、結論を最後に話す方法である。この方法は一般的であるが、前置きがながくなったり、話しの構成がまずいと聞き手を飽きさせてしまう恐れもある。
posted by 尚 at 15:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。